本文へスキップ




                       厚木観光漁業協同組合

相模川のアユ釣り

施設写真

相模川は古から《鮎の川》と呼ばれ、多くの人々に親しまれてきました。
厚木観光漁業協同組合の管理する三川合流エリアは、厚木の町の中を流れていて、春の桜、夏のアユ漁と、年間を通して魅力的な観光スポットとなっています。


中津川のアユ釣り

機器写真

厚木観光漁業協同組合の管理する中津川は、才戸橋から相模川との合流点、いわゆる三川合流までの区間です。
この区間は流れが穏やかで、車で河川敷まで降りられるとこともそろっています。
圏央道の厚木ICからも近く、アクセスもとても良いところです。
それでいて、河川敷に入ると一気に豊かな自然が目の前に広がります。
水が綺麗なので、水辺遊びにも最適。ご家族連れで楽しんでいただけるフィールドです。


谷太郎川の渓流釣り

機器写真

3つの川が合流する《三川合流》の中の残る1つは小鮎川です。小鮎川は相模川や中津川と比較すると小さな河川ですが、上流にダムがないので魚種の豊富な豊かな川です。
最上流は三峰山から流れ出す谷太郎川で、ここのヤマメは関東大震災の時に、他の河川のヤマメが渓の崩壊で絶滅する中、わずかに生き残った貴重なヤマメの末裔です。
中津川本谷などのヤマメは、後に小鮎川のヤマメを移植したものと言われています。


道満ヘラ池のヘラ釣り

機器写真

道満ヘラ池は中津川の畔に造られたヘラブナ専用の釣り場です。道満は中津川でも下流域にあたり、河原が広く、道満のヘラ池には野池の雰囲気が色濃く漂っています。
ここでは大自然の中で、マニアックなヘラ釣りを心行くまでお楽しみいただけます。



hp&ブログブログ

相模川漁業協同組合連合会

釣りNEWS